作品解説

映画「男はつらいよ 寅次郎夢枕(第10作)」の作品解説

投稿日:

この記事では、寅さん映画シリーズの「男はつらいよ 寅次郎夢枕(第10作)」の作品の見どころを解説していきたいと思います。

<映画「男はつらいよ 寅次郎夢枕(第10作)」の作品データ>

映画「男はつらいよ 寅次郎夢枕(第10作)」
公開日 1972年12月29日
収録時間 98分
マドンナ 八千草薫
ゲスト 米倉斉加年/田中絹代
監督 山田洋次
観客動員数 2,111,000人(シリーズ8位)
同時上映 「舞妓はんだよ 全員集合!!」
啖呵売した商品 古本(雑誌)「中三時代」
⇒「寅さんが啖呵売した作品別全商品リスト
「男はつらいよ 寅次郎夢枕(第10作)」のロケ地
  • 亀戸天神社(東京都)
  • 東京大学(東京都)
  • 浅尾地区(山梨県)
  • 浅尾新田地区(山梨県)
  • 唐土神社(山梨県)
  • 明野町の墓地(山梨県)
  • 篠原商店(山梨県)
  • 清水橋(山梨県)
  • 奈良井駅(長野県)
  • 日出塩駅(長野県)
  • 「男はつらいよ 寅次郎夢枕(第10作)」作品のあらすじ

    久しぶりに「とらや」に帰ってきた寅次郎であったが、みんなが自分の悪口を言っているのではないかと勝手な誤解をしてしまう。
    ひねくれた己の愚かさに反省した寅次郎は、地道な生活を送るために結婚を考えるが、持ち掛けられた縁談すべてがうまくいかずに徒労に終わってしまう。
    うまくいかないことをみんなの娯楽にされていると勘違いした寅次郎は、ケンカ別れするように旅に出てしまう。
    しばらくして、再び柴又に戻ってきた寅次郎は、「とらや」に下宿している大学助教授の岡倉(米倉斉加年)に自分の部屋を奪われたと思い、また旅に出ようとする。
    しかし、ちょうどその時、幼馴染みである千代(八千草薫)と再会したことで上機嫌となった寅次郎は、「とらや」にとどまることになる。
    亭主と別れ、一人息子にさえ、なかなか会うことができない千代の境遇を知った寅次郎は、なんとか千代を慰めようと「とらや」に招待して食事を振舞ったりする。
    一方、千代に惚れた岡倉が恋煩いでおかしくなっている様子を気に掛けた寅次郎は、岡倉の思いを千代に伝えようとするが・・・。

    「男はつらいよ 寅次郎夢枕(第10作)」作品のキャスト

    <メインキャスト>

    • 車寅次郎:渥美清
    • さくら:倍賞千恵子
    • 志村千代:八千草薫
    • 博:前田吟
    • 登:津坂匡章
    • つね:三崎千恵子
    • 竜造:松村達雄
    • 満男:中村はやと
    • 源公:佐藤蛾次郎
    • 梅太郎:太宰久雄
    • 湯中教授:清水将夫
    • 高垣刑事:河村憲一郎
    • 長次郎親分:吉田義夫
    • 御前様:笠智衆
    • 岡倉:米倉斉加年
    • 旧家の奥様:田中絹代

    <サブキャスト>

    武智豊子/岡崎夏子/後藤泰子/安井真樹子/笹原光子/粟辻聰/村上猛/羽生昭彦/長谷川英敏/江藤孝/中田昇/三角八郎

    マドンナ:八千草薫

    マドンナ:八千草薫

    <役名:志村千代>

    寅次郎の同級生で幼馴染み。
    大きな呉服屋の一人娘で、華やかな結婚はしたものの、亭主に恵まれずに離婚。
    一人息子がいるが、何かの事情で息子と離れ離れに生活している。
    寅次郎にプロポーズされたと勘違いし、寅次郎との結婚を承諾するが、すべては「とらや」に下宿している東大の助教授・岡倉(米倉斉加年)との仲立ちであったことを知り、ショックを受ける。

    宝塚歌劇団出身の女優さんがマドンナ役として登場。
    シリーズではじめて寅次郎に好意を寄せ、寅次郎との結婚を受け入れるマドンナ。
    シリーズに登場したすべてのマドンナの中で、逆プロポーズまでやってのけたのは、八千草薫が演じた千代以外にいない。

    →「男はつらいよシリーズ全マドンナ紹介ページ

    ゲスト:米倉斉加年

    ゲスト:米倉斉加年

    <役名:岡倉金之助>

    御前様の甥で、東京大学理学部の助教授。
    大学では、理論物理の「素粒子論」を研究しており、東大で何十年に一人の秀才と呼ばれている。
    「とらや」の二階で下宿することになるが、その時に出会った千代(八千草薫)に一目惚れしてしまう。

    風変わりな学者を演じることで、寅次郎のインテリいじりの面白さを最大限に引き出した。
    米倉斉加年はその後の作品で、警官役、失踪するエリートサラリーマン役などで登場してくる。

    ゲスト:田中絹代

    ゲスト:田中絹代

    <役名:旧家の奥様>

    寅次郎のテキヤ仲間・伊賀の為三郎の弔いを出してくれた、甲州路にある旧家の奥様。
    旅の途中に立ち寄った寅次郎に漬物をご馳走する。

    日本映画史を代表する大女優。
    渥美清との物静かなセリフのやり取りが、重厚なシーンを演出する。
    寅次郎と別れるシーンは、晩秋の甲州路の物悲しさと、日本人のおもてなしの精神をうまく表現されている。

    「男はつらいよ 寅次郎夢枕(第10作)」作品の解説

    前回の吉永小百合に続き、今作では宝塚出身の女優・八千草薫をマドンナに迎えたことで、寅さん映画が次第にエンターテイメント化していく。

    今作で新たな風を吹き込んだのは、寅次郎に好意を寄せ、寅次郎との結婚を受け入れるマドンナが登場したことだろう。

    フラれる寅次郎が定番となりつつあった今までの寅さんシリーズが、ここにきて予期せぬ大番狂わせを山田洋次監督は仕掛けてきた。

    結婚願望が強いと思われていた寅次郎が、マドンナからの積極的なアプローチを受けて、しどろもどろになるヘタレぶりを初めて披露することに。

    そして、大学助教授の岡倉(米倉斉加年)に対する寅次郎のインテリいじりの面白さも、この作品の見どころと言える。

    マドンナに恋するだけではなく、恋の使者(キューピット役)として奮闘する寅次郎もシリーズ初の試みとなり、いろんな意味で革命を起こした作品である。

    夢のシーン

    「男はつらいよ 寅次郎夢枕(第10作)」夢のシーン

    マカオの寅(寅次郎)が、女給(さくら)と書生(博)を助ける夢。
    時代は昭和初期という設定。
    映像をセピア色にし、当時の雰囲気をうまく演出している。

    男はつらいよシリーズ全夢のシーン紹介ページ

    結婚したいのに結婚を拒む寅次郎の不可解すぎる一面が見え隠れする

    映画「男はつらいよ 寅次郎夢枕(第10作)」の作品解説

    今作でまた、新たな寅次郎の一面を知ることになる。

    それは、いざ結婚が現実問題として目の前に現れると、途端に受け入れられなくなる寅次郎の不可解すぎる一面である。

    今までの寅次郎を見ても、所帯を持つことに憧れを持っていたし、何度かマドンナと結婚することも夢見ていたはずである。

    ところが、女性のほうから結婚を持ちかけられると、寅次郎はなぜか拒む態度を取ってしまうのだ。

    お千代坊の決死の覚悟で言い放った逆プロポーズを受けてしても、寅次郎は冗談で片付けようとしてしまっている。

    本来なら、去っていくお千代坊を追いかけてプロポーズすべきところであるが、寅次郎にはそんな勇気と覚悟を持ち合わせていないのだ。

    寅次郎にとって結婚とは、届きそうで届かない夢の世界なのか、もしくは、入り込んではいけないタブーの世界なのか、寅次郎自身がどのように解釈しているのかは、この作品を観ても理解に苦しむところである。

    「男はつらいよ 寅次郎夢枕(第10作)」の動画

    映画「男はつらいよ」シリーズは、「FODプレミアム」「hulu」「U-NEXT」などの動画配信サービスを利用することで、いつでも視聴することができます。

    詳しくは、下記の記事をご覧ください。

    ⇒「映画「男はつらいよ(寅さん)」シリーズ全49作のフル動画をいつでも好きな時に観る方法

    -作品解説

    Copyright© 男はつらいよ , 2019 All Rights Reserved.