作品解説

映画「男はつらいよ 寅次郎忘れな草(第11作)」の作品解説

投稿日:

この記事では、寅さん映画シリーズの「男はつらいよ 寅次郎忘れな草(第11作)」の作品の見どころを解説していきたいと思います。

<映画「男はつらいよ 寅次郎忘れな草(第11作)」の作品データ>

映画「男はつらいよ 寅次郎忘れな草(第11作)」
公開日 1973年8月4日
収録時間 99分
マドンナ 浅丘ルリ子
ゲスト 織本順吉/毒蝮三太夫
監督 山田洋次
観客動員数 2,395,000人(シリーズ2位)
同時上映 「チョットだけヨ 全員集合!!」
啖呵売した商品 レコード、スリッパ
⇒「寅さんが啖呵売した作品別全商品リスト
「男はつらいよ 寅次郎忘れな草(第11作)」のロケ地
  • 網走神社(北海道)
  • 網走橋・網走川河口(北海道)
  • 網走駅(北海道)
  • 帽子岩の見える海岸(北海道)
  • 栗原牧場(北海道)
  • 天都山から見た藻琴原野(北海道)
  • 網走湖(北海道)
  • 浅草寺(東京都)
  • 五反田ガード下(東京都)
  • 上野駅(東京都)
  • 「男はつらいよ 寅次郎忘れな草(第11作)」作品のあらすじ

    寅次郎の父・車平造の27回忌法要の最中にたまたま帰ってきた寅次郎。
    久しぶりに父親の法事に参加する寅次郎であったが、不真面目な態度をとって法事をメチャクチャにしてしまう。
    ある日、ピアノが欲しくても買えないさくらの様子を気に掛けた寅次郎は、オモチャのピアノを買って、さくらにプレゼントする。
    しかし、本物のピアノが欲しかったことに気付いた寅次郎は、オモチャのピアノを買って上機嫌になっている自分が恥ずかしくなり、さくらと博に嫌味を言ってケンカ別れしてしまう。
    しばらくして、北海道を旅する寅次郎は、日本中を旅しながら歌う歌手・リリー(浅丘ルリ子)と出会い、意気投合する。
    ”あぶく”のような自分の人生にわびしさを感じた寅次郎は、北海道の酪農家・栗原久宗(織本順吉)の元で働き始めるが3日でダウンしてしまい、迎えに来たさくらと共に柴又へ帰っていく。
    しばらく「とらや」で療養していた寅次郎は、東京に戻っていたリリーと偶然に再会する。
    同じ境遇の二人は、お互いを認め合いながら、少しずつ深い仲になっていく。
    ところが、ある夜、酔ったリリーが「とらや」を突然訪れてきて、寅次郎に愚痴をこぼしたまま出て行ってしまう。
    リリーの深い孤独の闇を知った寅次郎であったが、何もすることができず、そのまま柴又をあとにする。

    「男はつらいよ 寅次郎忘れな草(第11作)」作品のキャスト

    <メインキャスト>

    • 車寅次郎:渥美清
    • さくら:倍賞千恵子
    • 博:前田吟
    • つね:三崎千恵子
    • 源公:佐藤蛾次郎
    • 社長:太宰久雄
    • 竜造:松村達雄
    • 御前様:笠智衆
    • リリー:浅丘ルリ子

    <サブキャスト>

    吉田義夫/織本順吉/毒蝮三太夫/利根はる恵/中村はやと/江戸家小猫/北原ひろみ/成田みるえ/中沢敦子/江藤孝/羽生昭彦/長谷川英敏/木村賢治/高木信夫/村上記代/村井洋

    マドンナ:浅丘ルリ子

    マドンナ:浅丘ルリ子

    <役名:リリー>

    全国を旅しながら歌う、さすらいの歌手。
    実の母親は健在だが、幼少の頃から親子関係はうまくいっておらず、ほぼ天涯孤独な人生を歩んでいる。
    寅次郎とは北海道網走の波止場で出会い、同じフーテン暮らしという境遇から意気投合する。
    今まで心から男に惚れたことが一度もなく、一生のうち一人の男に死ぬほど惚れてみたいと思っている。

    寅次郎とリリーが紡いだ愛の物語4部作の第1作目の作品で、リリーがシリーズ初登場となる。
    若い頃からフーテン暮らしを送っていた寅次郎と似た境遇の女性であり、はじめて寅次郎とケンカができるマドンナである。
    寅次郎とリリーの物語はシリーズ屈指の名シーンをたくさん生み出しており、この作品では二人が初めて遭遇する瞬間が描かれる。

    →「男はつらいよシリーズ全マドンナ紹介ページ

    ゲスト:織本順吉

    ゲスト:織本順吉

    <役名:栗原久宗>

    まともな生活を送るために寅次郎が職安から紹介された酪農家のオーナー。
    妻と一人娘の三人で生活している。
    働き始めて三日目で倒れてしまった寅次郎を手厚く看病してくれる。

    北海道で酪農を営む、親切で人がいい父親役を好演。
    織本順吉はヤクザ映画の出演が多く、深作欣二監督作品に最も多く出演した俳優でもある。

    ゲスト:毒蝮三太夫

    ゲスト:毒蝮三太夫

    <役名:石田良吉>

    リリーの初めての結婚相手となった、「清寿司」の主人。
    再びリリーが登場する15作目の時には、離婚をしている。

    「男はつらいよ 寅次郎忘れな草(第11作)」作品の解説

    寅次郎とマドンナ・リリーの物語はシリーズ中に4作品制作されており、今作が記念すべき第1弾目の作品となる。

    この作品では、寅次郎が北海道の網走でリリーと出会い、意気投合し、失意のうちに別れていくまでが描かれる。

    まともな生活を送るために酪農家で働く寅次郎のシーンなどが描かれてはいるが、物語のメインとなっているのは、やはり寅次郎とリリーの関わり合いである。

    この作品の特徴的なところは、寅次郎よりも孤独な生き方をするリリーにスポットライトが多く当たられているように感じてしまうところだろう。

    マドンナとの別れ方も特殊なパターンとなっており、直接的な感情をぶちまけてくるマドンナを寅次郎は受け止められずに追い出してしまう展開となる。

    孤独な生い立ちのマドンナを受け止めようと奮闘する寅次郎の男らしさ、頼もしさも垣間見れる作品で、酔った女性の扱いに慣れた寅次郎の一面ものぞかせる。

    そして、大自然に囲まれた、雄大な北海道の風景を堪能できるのも、この作品の見どころかもしれない。

    夢のシーン

    「男はつらいよ 寅次郎忘れな草(第11作)」夢のシーン

    旅ガラスの剣豪・寅次郎が、おさく(さくら)とひろ吉(博)から借金取りを追い払う夢。
    時代劇風な夢。
    おさく(さくら)とひろ吉(博)という設定が初めてできあがった夢でもある。

    男はつらいよシリーズ全夢のシーン紹介ページ

    女性の扱いを心得ているかのような寅次郎の神対応

    映画「男はつらいよ 寅次郎忘れな草(第11作)」の作品解説

    この作品での寅次郎は、なぜか男らしく見えてしまう。

    マドンナに憧れのまなざしを向けて有頂天となる、今までの寅次郎とは少し違って見えるのだ。

    おそらく、気持ちをストレートに表現してくれるマドンナ・リリーがそうさせているのかもしれない。

    印象的なシーンは、寅次郎が酔ったリリーを優しく迎へ入れるところだ。

    酔ったリリーが「とらや」を訪れてきた時の寅次郎の対応は見事と言わざるを得ない。

    「とらや」の玄関先で聞こえるリリーの声を確認した寅次郎は、スーと起き上がってリリーの元へと向い、理由を聞かずに優しく「とらや」へ迎へ入れる。

    そして、酔って愚痴をこぼすリリーのそばで、静かに話を聞いてあげようとするのだ。

    この対応を見た時に、寅次郎は実は女性経験の豊富な男なのではないかと思えてくる。

    フラれまくっているだけの男が、こんな神対応は到底できるものではない。

    酸いも甘いも知り尽くした男だからこそできる神対応なのである。

    実は寅次郎は、女性にモテまくって生きてきたのではないだろうか?

    「男はつらいよ 寅次郎忘れな草(第11作)」の動画

    映画「男はつらいよ」シリーズは、「FODプレミアム」「hulu」「U-NEXT」などの動画配信サービスを利用することで、いつでも視聴することができます。

    詳しくは、下記の記事をご覧ください。

    ⇒「映画「男はつらいよ(寅さん)」シリーズ全49作のフル動画をいつでも好きな時に観る方法

    -作品解説

    Copyright© 男はつらいよ , 2019 All Rights Reserved.