ツイッターでは毎日寅さんネタを配信中です。
↓↓↓

作品解説

映画「男はつらいよ 寅次郎頑張れ!(第20作)」の作品解説(マドンナ:藤村志保)

・前の作品「男はつらいよ 寅次郎と殿様(第19作)
・次の作品「男はつらいよ 寅次郎わが道をゆく(第21作)」

この記事では、寅さん映画シリーズの「男はつらいよ 寅次郎頑張れ!(第20作)」の作品の見どころを解説していきたいと思います。

<映画「男はつらいよ 寅次郎頑張れ!(第20作)」の作品データ>

映画「男はつらいよ 寅次郎頑張れ!(第20作)」
公開日1977年12月24日
収録時間95分
マドンナ藤村志保
ゲスト中村雅俊/大竹しのぶ
監督山田洋次
観客動員数1,881,000人(シリーズ21位)
同時上映「ワニと鸚鵡とオットセイ」
啖呵売した商品易本(人相・手相)、ゴム手袋
⇒「寅さんが啖呵売した作品別全商品リスト
「男はつらいよ 寅次郎頑張れ!(第20作)」のロケ地
  • 浜尾神社(長崎県)
  • 幸橋(オランダ橋)(長崎県)
  • 平戸カトリック教会(長崎県)
  • 「男はつらいよ 寅次郎頑張れ!(第20作)」作品のあらすじ

    久しぶりに「とらや」に帰省した寅次郎であったが、下宿中の良介(中村雅俊)から押し売りと間違われ、機嫌を損ねてしまう。
    反省した良介は新たな下宿先を求めて「とらや」を出て行くことになるが、その後、偶然パチンコ屋で寅次郎と出くわし、意気投合する。
    それによって、良介は再び「とらや」に下宿することに。
    ある日、寅次郎は良介が食堂で働く幸子(大竹しのぶ)に惚れていることを知り、何とか二人の恋を実らせようと恋の手解きを始める。
    しかし、タイミングの悪いプロポーズをしてしまった良介は幸子に振られたと思い込み、「とらや」の二階でガズ自殺を図ろうとするが失敗。
    「とらや」の二階を破壊し、いたたまれなくなった良介は故郷の長崎へと帰っていく。
    しばらくして寅次郎は良介の故郷を訪れるが、良介の姉・藤子(藤村志保)が独身であることを知り、次第に藤子に夢中になっていってしまう。

    「男はつらいよ 寅次郎頑張れ!(第20作)」作品のキャスト

    <メインキャスト>

    • 車寅次郎:渥美清
    • さくら:倍賞千恵子
    • 藤子:藤村志保
    • 幸子:大竹しのぶ
    • 竜造:下條正巳
    • つね:三崎千恵子
    • 博:前田吟
    • 社長:太宰久雄
    • 源公:佐藤蛾次郎
    • 満男:中村はやと
    • 座長:吉田義夫
    • 巡査:米倉斉加年
    • 御前様:笠智衆
    • 良介:中村雅俊

    <サブキャスト>

    石井均/桜井センリ/築地文夫/杉山とく子/笠井一彦/羽生昭彦/長谷川英敏/木村賢治/志馬琢哉/岡本茉莉/川井みどり/立石涼子/久世竜之介/津嘉山正種

    マドンナ:藤村志保

    マドンナ:藤村志保

    <役名:島田藤子>

    良介(ワット君)の姉。一度結婚はしたものの、うまくいかずに離婚している。現在は長崎県平戸でお土産物屋を営んでいる。実家に帰った良介の様子を見に長崎へ来た寅さんと出会い、一目ぼれした寅さんはしばらく藤子の店のお手伝いをすることに。しばらくし三人は東京へ向かうが、良介は寅さんの好意への意志表示をしない姉に腹を立て、言い争いになってしまう。それをこっそり聞いていた寅さんは自らで身を引いていく選択をする。「男はつらいよ」に登場した寅さんの歴代マドンナ47人を徹底ガイド

    ゲスト:中村雅俊

    ゲスト:中村雅俊

    <役名:島田良介>

    マドンナ・藤子の弟で、柴又の電気会社で働く電気工事の作業員。
    電気関連の仕事をしているため、さくらと博にワット君というあだ名を付けられる。
    元々は、さくらのアパートの裏に住んでいたが、あまりに酷いアパートだったために、博の計らいで「とらや」の二階に下宿させてもらっている。

    寅さんシリーズの中で唯一、寅さんを利用するマドンナに対して鋭い突っ込みを入れた人物であり、とらやの二階を大爆破させた男でもある。

    ゲスト:大竹しのぶ

    ゲスト:大竹しのぶ

    <役名:福村幸子>

    速記の学校に通いながら叔父が経営する食堂「ふるさと亭」で働く二十歳の娘。
    父親はすでに亡くなり、母親と弟が秋田に住んでいる。
    弟のために学費も送っている。
    よく食事に来る良介にやや好意を持っている。

    若かりし大竹しのぶのピュアさ、初々しさが光る。
    ややぎこちのない秋田弁もグット。
    助演ながらあまりにもかわいらしい役柄だったためにマドンナ食いとも呼ばれた。
    サブキャラクターでありながら「幸子のテーマ(挿入歌)」があるのは、シリーズ中でこの幸子のみ。

    「男はつらいよ 寅次郎頑張れ!(第20作)」作品の解説

    第14作以来の寅次郎が恋愛コーチを務める作品。

    しかも、14作の「京子(十朱幸代)と弥太郎(上條恒彦)」の時のような少しいい加減で無責任な恋愛アドバイスではなく、真剣に恋を成就させようと寅次郎自身が動き出す。

    ただし、今回寅次郎が恋愛のアドバイスをするのはマドンナの弟のほうであり、寅次郎とマドンナとの恋愛はまた別なものとして同時に描かれていくこととなる。

    この作品は平戸の港町の風景がとても美しく、鼻歌を歌いながら自転車を漕いで走っていく寅次郎がなんとも清々しくて心地が良い。

    そして、藤子(藤村志保)と二人きりの生活を妄想して語り出す寅次郎の約2分間続くアリアや、良介(中村雅俊)が起こす「とらや爆破事件」など、随所に見どころが満載である。

    今作もマドンナとの恋愛が若干淡白な印象であるが、1つだけシリーズ全体を通して大きな節目となったのは、今まで寅次郎の気持ちに鈍感だったマドンナに対して鋭い突っ込みを入れたところ。

    今まで視聴者が感じ取っていた酷いマドンナ像を、あえてマドンナに投げかけてみた作品であったと思う。

    そのため、この作品以降に登場するマドンナは、ただ寅次郎を振るだけの存在ではなくなっていったとも思う。

    夢のシーン

    眠りから覚めたら突然「とらや」一家が大金持ちになっているという夢。
    これもとらやの人たちがそのままの役で登場するリアリティある夢。
    寅次郎は常に心の中で「とらやがいつかなくなってしまうんじゃないだろうか」という不安に襲われながら旅を続けているのかもしれない。
    男はつらいよシリーズ全夢のシーン紹介ページ

    寅次郎の本格的な恋愛コーチ第1弾目作品「アイラブユーできるか、青年!」

    映画「男はつらいよ 寅次郎頑張れ!(第20作))

    寅次郎が本格的な恋愛コーチに回る作品は、シリーズ中に三作品(20作、30作、35作)ある。

    その中でも、この作品は寅次郎が本格的な恋愛コーチに回る第1弾目の作品と言える。

    寅次郎が真剣に恋愛コーチに回る作品では、寅次郎が普段、マドンナに対してどんなことを考えて恋愛しているのかが垣間見れるようで面白い。

    デートの細かいプランや、女性に告白するための方法やタイミングなど。

    映画ではマドンナにフラれまくる寅次郎であるが、実際にはきちんと女性の心理を理解し、恋を成就させるための適切な行動をしっかりと理解していることがわかる。

    ただし、それを実行できるかどうかはまた別の問題・・・。

    寅次郎が教える恋愛テクニックには実績の伴わない妄想がかなり加えられており、あたかもそれが正解であるかのように語ってしまってるのがまた問題でもある。

    シリーズで最も長い(?)渥美清のアドリブアリア

    映画「男はつらいよ 寅次郎頑張れ!(第20作))」の作品解説

    この作品では、藤子(藤村志保)との二人きりの生活を妄想して語り出す寅次郎の長いアリアがある。

    このアリアは約2分間も続き、おそらくシリーズの中で最も長いアリアだったのではないかと思う。

    もともとこのアリアは脚本にはなかったもので、現場で急きょ渥美清が自作したセリフだったと言われている。

    この長いアリアを観れば、渥美清の芸の深みが何の疑いもなく体感できるだろう。

    寅次郎の気持ちに鈍感すぎるマドンナに一石を投じる良介の鋭い突っ込み

    映画「男はつらいよ 寅次郎頑張れ!(第20作))」の作品解説

    シリーズ初期の頃のマドンナは、寅次郎の好意に全く気付かずに終わっていくパターンが多かった。

    その代表的なマドンナといえば、1作目の冬子、3作目のお志津、5作目の節子などだろう。

    今作は、そんな寅次郎の気持ちに鈍感だった過去のマドンナたちに鋭いメスを入れてきた作品だったように思う。

    それは、寅次郎に実家の手伝いをさせたまま東京に出てきた藤子へ向けて、弟である良介が姉の鈍感さを鋭く指摘するシーンだ。

    良介「お姉ちゃん、寅さんと結婚する気があっとね?」

    藤子「なんば言うとね、あんた」

    良介「もし、お姉ちゃんにその気のなかなら、寅さん平戸に来るのを断らないけん」

    藤子「あんたの言うとること、さっぱりわからんけど」

    良介「なんでそげんこつ分からんかのお・・・ええか、お姉ちゃん・・・寅さんお姉ちゃんに惚れとるばい・・・俺が寅さんやったらな!絶対お姉ちゃんを許さん!好きでもなかとに好いとる顔されてうまく利用されとるじゃなかか」

    藤子「やめんね!そげん乱暴か口ばきいて・・・寅さんはね、あんたの考えてるよりもっともっと心のきれいか人よ」

    良介「いくらきれいかてん、寅さん男たい」

    寅次郎の口からではなく、第三者として登場してきた良介の口から発せられた「いくらきれいかてん、寅さん男たい」というセリフは、マドンナに自分の鈍感さを気付かせるには十分すぎるものだったと思う。

    惚れている男にとって「心のきれいか人」で終わらせられるほど辛いものはない。

    こういったマドンナの仕打ちに疑問を持つ視聴者たちもきっとたくさんいたことだろう。

    そんな視聴者たちの思いを払拭させるかのように、マドンナに自分の鈍感さを気付かせるシーンをあえて入れてきたように思う。

    「男はつらいよ 寅次郎頑張れ!(第20作)」に関するツイートまとめ

    ここをクリックすると表示されます

    「男はつらいよ 寅次郎頑張れ!(第20作)」のサブスク動画配信サービス

    映画「男はつらいよ」シリーズは、「FODプレミアム」「hulu」「U-NEXT」などのサブスク動画配信サービスを利用することで、いつでも視聴することができます。

    「男はつらいよ」の全作品を見放題で配信しているサブスク動画配信サービス一覧

    「男はつらいよ」の全作品を見放題で配信しているサブスク動画配信サービス一覧
    「記事が良かった」と思ってくれた方は、支援してもらえると励みになります!!

    -作品解説