ツイッターでは毎日寅さんネタを配信中です。
↓↓↓

作品解説

映画「男はつらいよ 寅次郎春の夢(第24作)」の作品解説(マドンナ:香川京子)

2022年2月27日

この記事では、寅さん映画シリーズの「男はつらいよ 寅次郎春の夢(第24作)」の作品の見どころを解説していきたいと思います。

映画「男はつらいよ 寅次郎春の夢(第24作)」の予告編動画

映画「男はつらいよ 寅次郎春の夢(第24作)」の作品データ

映画「男はつらいよ 寅次郎春の夢(第24作)」のビジュアルポスター
公開日1979年12月28日
上映時間104分
マドンナ香川京子
ゲストハーブ・エデルマン/林寛子
監督・原作山田洋次
スタッフ製作:島津清
企画:高島幸夫/小林俊一
ストーリー:山田洋次/レナード・シュレイダー
脚本:山田洋次/朝間義隆/栗山富夫/レナード・シュレイダー
撮影:高羽哲夫
美術:出川三男
音楽:山本直純
録音:中村寛
調音:松本隆司
照明:青木好文
編集:石井巌
スチール:長谷川宗平
監督助手:五十嵐敬司
装置:小島勝男
装飾:町田武
衣装:松竹衣装
現像:東京現像所
進行:玉生久宗
製作主任:峰順一
協力柴又新明会
日本航空
主題歌男はつらいよ
観客動員数1,841,000人(シリーズ23位)
⇒「寅さんシリーズランキング
同時上映「神様のくれた赤ん坊」
啖呵売した商品下駄、易本(人相・手相)、正月の縁起物
⇒「寅さんが啖呵売した作品別全商品リスト

映画「男はつらいよ 寅次郎春の夢(第24作)」のDVD&Blu-ray

「男はつらいよ 寅次郎春の夢(第24作)」のサブスク動画配信サービス

映画「男はつらいよ」シリーズは、「FODプレミアム」「hulu」「U-NEXT」などのサブスク動画配信サービスを利用することで、いつでも視聴することができます。

「男はつらいよ」の全作品を見放題で配信しているサブスク動画配信サービス一覧

「男はつらいよ」の全作品を見放題で配信しているサブスク動画配信サービス一覧

「男はつらいよ 寅次郎春の夢(第24作)」のロケ地情報

「男はつらいよ 寅次郎春の夢(第24作)」のロケ地
  • 四条大橋(京都)
  • 加太港(和歌山)
  • 根来寺(和歌山)
  • 粉河寺(和歌山)
  • 天龍橋(東京都)
  • 上野駅ガード下(東京都)
  • 天神社(静岡)
  • 天神社(静岡)
  • スポンサーリンク

    「男はつらいよ 寅次郎春の夢(第24作)」作品のあらすじ

    久しぶりにとらやに帰省する寅次郎。
    季節もののブドウを土産にして帰ってくるが、すでに二階を埋め尽くすたくさんのブドウを目の当たりにした寅次郎は不機嫌になる。
    追い打ちをかけるようにタコ社長の「トラ射殺問題」に対する心ない言動によって寅次郎の不快指数は100%となり、ついにとらやを飛び出していってしまう。
    しばらくして、日本へ薬の訪問販売をしに来たアメリカ人・マイケル(ハーブ・エデルマン)がとらやの二階に下宿することになるが、アメリカ嫌いの寅次郎が突然帰ってきて、またも一悶着。
    一触即発のバトルが繰り広げられるが、マイケルの誠実さに触れた寅次郎は次第にマイケルを受け入れるようになっていく。
    そして、寅次郎はとらやを訪問してきた圭子(香川京子)とも出会い、圭子が未亡人であることを知って有頂天になるが、突然、圭子の婚約者なる男性と出くわしてしまう。

    「男はつらいよ 寅次郎春の夢(第24作)」作品のキャスト

    <メインキャスト>

    • 車寅次郎:渥美清
    • マイケル:ハーブ・エデルマン
    • さくら:倍賞千恵子
    • 竜造:下條正巳
    • つね:三崎千恵子
    • 博:前田吟
    • 社長:太宰久雄
    • 源公:佐藤蛾次郎
    • 満男:中村はやと
    • 座長:吉田義夫
    • めぐみ:林寛子
    • 御前様:笠智衆
    • 圭子:香川京子

    <サブキャスト>
    犬塚弘/梅野泰靖/小島三児/殿山泰司/津嘉山正種/山口明/笠井一彦/赤馬琢哉/田中世津子/岡本茉利/羽生昭彦/木村賢治/篠原靖夫/谷よしの/秩父晴子/土田桂司/高木信夫/

    マドンナ:香川京子

    マドンナ:香川京子

    <役名:高井圭子>

    満男が通っている英語塾の先生・めぐみ(林寛子)の母。夫は三年前にアメリカで交通事故に遭い、今は未亡人。自宅で翻訳の仕事をしながら生活している。
    娘と共に「とらや」に訪れた時に寅次郎と出会う。またしても一目惚れする寅次郎だったが、圭子の自宅を訪問している時に圭子と結婚する男性が現れて失恋する流れになる。

    →「「男はつらいよ」に登場した寅さんの歴代マドンナ47人を徹底ガイド

    ゲスト:ハーブ・エデルマン

    ゲスト:ハーブ・エデルマン

    <役名:マイケル・ジョーダン>

    アメリカのアリゾナ州からビタミン剤のセールスのために日本に来たアメリカ人。
    柴又で宿泊先を探している時にとらやへ訪問し、御前様の計らいでとらやの二階に下宿することになる。
    寅次郎とはとらやに下宿中に出会い、ケンカを通して次第に仲良くなっていく。
    親切に面倒を見てくれるさくらに恋心が芽生えて想いを伝えてしまうが・・・。

    ゲスト:林寛子

    ゲスト:林寛子

    <役名:高井めぐみ>

    マドンナ・圭子の娘。
    アメリカからの帰国子女で、自宅を改築して英語の塾を開いており、そこで満男が英語を習っている。
    寅次郎とは母親である圭子繋がりで知り合う。
    正月にタコ社長の工員たちとスキーに出かけてしまうほど、誰とでも隔たりなく付き合える、とても気さくな女の子。

    「男はつらいよ 寅次郎春の夢(第24作)」作品の解説

    「男はつらいよ」という世界に迷い込んだアメリカ人のマイケルと、純和風の寅次郎が織りなす心温まる人情物語。

    この作品では、寅次郎とマドンナとの恋愛模様と、さくらに想いを寄せるマイケルの恋心も同時進行で描かれる。

    寅次郎とマドンナとの恋愛がやや淡白に描かれるのが残念だが、アメリカと日本の文化、そしてアメリカ人と日本人の恋愛の違いをうまく描いた作品と言える。

    そして、さくらを一人の女性として描いているのも特徴的で、この作品でのみ寅次郎の妹以外の顔ものぞかせている。

    夢のシーン

    映画「男はつらいよ 寅次郎春の夢(第24作))

    サンフランシスコのお尋ね者・車寅次郎(寅次郎)が、妹のさくらと偶然再会し日本に帰っていく夢。
    寅次郎を捕まえに来るFBI捜査官がマイケルになっている。
    マイケルはこの後に登場してくることになるので、これは予知夢と言える。

    男はつらいよシリーズ全夢のシーン紹介ページ

    アメリカ人と日本人の恋愛の違いをうまく描いた作品

    マドンナ:香川京子

    「男はつらいよ」の世界にアメリカ人を登場させることによって、日本文化をより際立たせた作品だったように思う。

    「気持ちを察する」日本人と「気持ちをはっきり言葉で言う」アメリカ人との国民性の違いがこの作品の軸になっていて、それが物語の結末に影響を与えていくことになる。

    この映画の中では、当時のアメリカと日本を対比させたような表現が随所に見受けられて面白い。

    日本人アメリカ人
    気持ちを察する気持ちをはっきり言う
    夫婦でキスをしない夫婦でキスをする
    「ありがとう」といちいち言葉に出さない「ありがとう」とはっきり言葉に出す
    身長が低い身長が高い
    戦闘イメージがカンフー&空手
    (モデル:ブルース・リー(?))
    戦闘イメージがボクシング
    (モデル:モハメド・アリ)

    マイケルがとらやにいる時に頭をよくぶつけていたのも、日本の住居がアメリカ人の身長よりも低く設計してあるという表現。

    つまりアメリカ人は日本人よりも身長が高いというイメージを持った描き方。

    これはマイケルが日本の布団で寝た時に足が飛び出しているシーンがあったのも同じ発想。

    そしてケンカをする時の寅次郎とマイケルの戦闘モードが日本とアメリカをイメージしたものになっているのも面白い。

    また、寅次郎がマイケルを困らすために日本特有の食べ物である梅干しを食べさせていたのも日本とアメリカの違いを意識したものだ。

    さくらを一人の女性として描いた異色作

    映画「男はつらいよ 寅次郎春の夢(第24作))

    この作品では寅次郎とマドンナ・圭子の恋物語を描きながら、同時にさくらとマイケルとの恋物語も描かれている。

    男はつらいよシリーズのさくらといえば、寅次郎の妹、そして満男の母親といった存在で描かれることが多いが、この作品では一人の女性という側面から描かれているのが興味深い。

    慣れない日本で生活するアメリカ人・マイケルに親切にしてあげることで、さくらは次第にマイケルから一人の女性として見られるようになっていく。

    そして、自分の気持ちをすぐ口に出してしまうアメリカ人のマイケルはさくらに愛の告白をしてしまうのだ。

    当然、さくらには博という伴侶がいるため、答えは「This is impossible!(無理です!))」。

    さくらが女性として描かれるシーンは、この作品の中でたくさん見受けられる。

    さくらが女性として描かれるシーン

  • 蝶々夫人になるさくら
  • マイケルに告白されたことを兄・寅次郎に告げるさくら
  • 兄・寅次郎に「博には黙ってろよ!」と言われ、涙ぐむさくら
  • 飛行機を見ながらマイケルを思うさくら
  • マイケルの財布の中にあるさくらの写真
  • 「男はつらいよ 寅次郎春の夢(第24作)」に関するツイートまとめ

    私がこの作品について呟いた今までのツイッターをまとめて閲覧できます。

    よろしければご覧ください。

    ここをクリックすると表示されます

    「記事が良かった」と思ってくれた方は、支援してもらえると励みになります!!

    スポンサーリンク



    -作品解説